プロならではの仕上がりになるシール印刷

家庭用プリンターが普及した昨今、自宅で気軽にシールを作ることも可能ですが、水濡れに弱いインクジェットによるプリントでは貼る場所に気を遣ってしまいます。大量に作った場合、インク代もかかることになり、時間や手間もそれなりにかかることになります。最近はそういった手間もなく、プロの仕上がりによる作成が、容易に出来るようになっています。注文から決済までネット上で完結し、印刷したい画像や写真も指定サイトにアップロードするだけで、あとは仕上がりを待つばかりというデータ入稿が一般化したことから、以前に比べて依頼すること自体はるかに便利になりました。印刷方法の多様化によって少ない枚数からの注文もしやすくなり、用途に応じた利用の仕方で費用も抑えられるようになっています。

サンプルを請求して仕上がりイメージを把握

多くの業者がネットショップを開設してデータ入稿による依頼を引き受けるようになったことから価格競争が激化、利用者の側は比較した上で最も安価な業者が選べるようになりましたが、仕上がりにこだわりたい場合はクオリティの良さも確認してから依頼を決めるほうが、納得の行く結果に繋げられます。自分が作りたいタイプのイメージが明確に決まっている場合は、その通りに仕上がるよう紙やインクの種類、加工方法など細かく注文する必要がありますが、慣れていないと紙の名称などから戸惑ってしまう面があります。その場合、仕上がりイメージを把握することに役立つサンプルを請求して一通り確認しておくほうが安心です。注文の際、紙の種類や加工方法などをスムーズに選択できるようになり、発色なども確認しておくことができます。

用途によって最適な印刷方法と加工を選択

パンフレットやチラシと違いシールはどこかに貼ることを想定して作成しますが、ノート類やケースなどに貼って屋内でのみ使用するものと、ドアや窓の外側や屋外に置かれている道具などに貼る場合とでインクのタイプや加工方法が違ってきます。価格も変わって来ることから、用途に応じた印刷方法を選ぶことで費用を抑えることもできます。印刷の種類による発色の違いや加工方法の選び方など、わからないことは直接質問したほうが素早い疑問解決につながりますが、その際、手元にサンプルがあるほうが質問しやすく回答された内容も理解しやすくなります。データ入稿でのファイル形式やカラーモードの選択も最初は戸惑ってしまうこともありますが、一通りやり方を飲み込めば便利で楽なことがわかり、仕上がったシールに満足できると、次もまたすぐに作りたくなると言われています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加